ワインのお取り扱い


ワインにとって大切なこと。
知っているだけで、ワイン時間が
さらに豊かになります。

も白もワインは、13℃〜15℃が適温です。
20℃を超えないように涼しい所に保存して下さい。
ワインセラーがない場合は、
冷蔵庫の野菜室に入れての保存が望ましいです。

インの奏」では、すべての取り扱いワインを専用のワインセラーにて温度管理をしております。
海外から直輸入した品質をそのままに、美味しいワインをお客様へお届けしております。

インを飲みたいけど、飲み切れないな。。。というアルコールに弱い方でも、ワインなら最後まで楽しむことができます。保存のポイントは、できるだけ「空気に触れさせない」こと!
下記の保存方法を参考に、お楽しみ下さい。

・ワイン栓の仕方・

ラップで包んだコルクで栓をする
一番お手軽な方法です。抜栓したコルクにラップを巻き付けてから栓をすると、空気が通りにくくなります。

専用のストッパーを使う
市販のストッパーを使用して、ワインの酸化を防ぐことができます。様々なタイプがありますので、楽しみながら選んでみてはいかがでしょうか。

小さな容器に移す
小型の密閉容器に移し替えるの もお勧めです。容器内の空気の 量や接触面が通常のワインボト ルよりも少ない為、風味が落ち にくくなります。

・ワインの保存場所/温度/期間・

けたワインでお料理もどうぞ!普段は作らないような、少しおしゃれな料理とお気に入りのワイン!想像しただけで、特別な時間を過ごせそうですね。

魚介類の白ワイン蒸し料理がおすすめ!
果物と白ワインでコンポートなどの
デザートも素敵です。

牛肉の煮込み料理がおすすめ!
ビーフシチュー、ミートソース、
煮込みハンバーグもいいですね。

相性の良いワインと料理を合わせて楽しむ「ペアリング」。
どんな料理にどんなワインが合うのかを選んでみてはいかがですか。

インの生産地やぶどうの品種がたくさんがあるように、ワイングラスにも多くの種類があります。 ワインの香り・味わいを堪能するためには、「ワイングラスの選び方」が大切です。ここでは代表的な5種類のワイングラスについて紹介させて頂きます。

・ワイングラスの種類・

味しくワインを味わうための、スタイルに合わせたグラス選び。まず一つだけ購入するなら、汎用性が高い「キャンティ(万能)型」をお勧めします。
そして、自分へのご褒美として、ワインのスタイルにあったグラスを少しづつ揃えていってもいいですね。


海外直輸入だからこそ実現できる 低価格・高品質のワインを是非、お楽しみください。


ショップガイド